デートDV 

2012-07-08

最近では家庭内暴力にとどまらず彼氏、彼女の間でもDV被害が急増しています。
DVをする人の多くは支配欲が強く、また男はこうあるべき、女はこうあるべきという固定観念が強いと言われています。
男女平等が当たり前の時代になっていますが、お互いの個性や価値観を尊重するということは難しいのかもしれません。

また一見優しそうでおとなしそうな方が豹変し事件を起こすことが多くなっています。
見た目や印象ではその人の心の闇や危うさを見分けることができません。付き合って初めて本当の姿を知るのは恐ろしいことです。
そこでおかしいと気づきそのまま別れる事ができればよいのですが、離れられず暴力や精神的虐待を繰り返し受けることで自信を失い冷静な判断ができなくなってしまいます。

大切なことはまず気づくことです。友達や家族に相談することが一番良いと思います。そこで気づき行動を起こすことが大切です。
次に福祉の相談窓口に相談し、警察に届けます。警察で証拠が必要だと言われた場合は私どもにご相談ください。

お問い合わせはコチラ

このサイトのTOPへ戻る