7月, 2012年

付きまとわれている?

2012-07-22

夜一人で家路につく時に誰かに後ろをつけられているような気配があった時には怖いからと言ってすぐ自宅に戻るのは自宅を特定されてしまうため大変危険です。
こういった時のストーカー対策としてはすぐに自宅へ帰るのではなく、途中で店や駅に立ち寄るか、またはタクシーに乗ることが得策だと考えます。
また尾行されているかどうか見破る方法として、交差点や角を曲がるごとに一定方向に曲がるという方法です。
結果的に同じところへ戻るからです。それでもつけられているようであれば尾行されている可能性は高いです。

また知人や異性を自宅に招くこともトラブルの元です。女性がストーカーで困っていると聞くと好意を持った男性が近づいてくる場合がありますが、これは後々厄介なことになります。強い恋愛感情を持つストーカーである場合、他の男性が彼女の自宅に出入りしていることを知ると逆上してしまいます。また中には友人がストーカーだったというケースがあります。

ストーカー撃退にはまず証拠です。警察はなかなか動いてくれませんが、証拠があればきちんと対応してくれます。

お問い合わせはコチラ

このサイトのTOPへ戻る

探偵業界の価格競争

2012-07-13

探偵に調査を頼むと高いのでは?と足が遠のく方も多いと思います。
しかし最近ではホームページ上で調査の料金表を明示している探偵社が多く、そのため価格競争がおこり、調査料金が以前よりお安くなっています。
ホームページ上に料金を明示している探偵社では、業界全体からすると30%ほど料金が安くなっています。

また探偵事務所の淘汰にもつながっており、電話帳に広告を出す探偵事務所のうち、その翌年にも広告を出すのは10軒に1軒だそうです。要するに1年以内に9割が倒産してしまうのです。
価格競争だけではなく、探偵そのものの質も問われ始めているのではないでしょうか?
インターネットが普及したため、以前ですと探偵がおこなっていた調査内容を安価で行えるようになっています。今後はより高い調査能力、情報収集能力が求められています。

ご依頼者の方がよりいっそう安心して、また納得できる調査料金で依頼できる調査事務所になるべく日々精進していきたいと思います。

お問い合わせはコチラ

このサイトのTOPへ戻る

嘘をつく探偵

2012-07-10

探偵業法の施行によって悪質な探偵が表向きには減ったように思われますが、実際にはなかなか減らないのが現状です。
では何が悪質なのか?一番悪質なのはご依頼人様に対して嘘をつくことです。

やってもいない調査を「調査をしたが結果が出なかった」と報告する、まだ調査中で結果が出ていないと報告し延長料金を請求する、経費の水増し、調査時間を伸ばすなどです。
その結果ご依頼者にとって不利益になり、探偵そのもののイメージがさがってしまいます。

調査にかかる費用は決して安くはありません。
もちろん探偵業界にはきちんとした倫理観を持ち、ご依頼人様の為に奔走する探偵も多くいますので充分吟味したうえで調査を依頼する必要があります。

お問い合わせはコチラ

このサイトのTOPへ戻る

デートDV 

2012-07-08

最近では家庭内暴力にとどまらず彼氏、彼女の間でもDV被害が急増しています。
DVをする人の多くは支配欲が強く、また男はこうあるべき、女はこうあるべきという固定観念が強いと言われています。
男女平等が当たり前の時代になっていますが、お互いの個性や価値観を尊重するということは難しいのかもしれません。

また一見優しそうでおとなしそうな方が豹変し事件を起こすことが多くなっています。
見た目や印象ではその人の心の闇や危うさを見分けることができません。付き合って初めて本当の姿を知るのは恐ろしいことです。
そこでおかしいと気づきそのまま別れる事ができればよいのですが、離れられず暴力や精神的虐待を繰り返し受けることで自信を失い冷静な判断ができなくなってしまいます。

大切なことはまず気づくことです。友達や家族に相談することが一番良いと思います。そこで気づき行動を起こすことが大切です。
次に福祉の相談窓口に相談し、警察に届けます。警察で証拠が必要だと言われた場合は私どもにご相談ください。

お問い合わせはコチラ

このサイトのTOPへ戻る

浮気をするのは何故?2

2012-07-05

根っからの女好き、男好きの方は男性ホルモンが活発で仕事で成功、魅力的な方が多いようです。
愛し合って結婚し、長年連れ添ってきた夫婦は情も生まれています。
結婚より離婚をするほうが倍以上の労力がかかり、 特に女の方は苗字が変わるなど様々なところで手間がかかります。
また専業主婦をされていた方は経済的な不安があるので離婚に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

パートナーの方はここで大きな決断が必要です。離婚か夫婦関係の継続か。
夫婦関係を継続するにしても離婚するにしても証拠がなければただ傷つき泣き寝入りしておしまい。という事例も数多くあります。
そこで、証拠収集が重要になってきます。
夫婦関係を継続するにしてもパートナーの素行、浮気相手を知ることで気持ちが楽になる。後々の対応がとりやすくなる。
など・・・
離婚する場合は確実な証拠があれば離婚を優位に進めることもできるのです。

浮気という事実はパートナーにとって悲しい出来事ですが、捉えようによっては切り札になるのです。

お問い合わせはコチラ

このサイトのTOPへ戻る

« Older Entries