岡山/倉敷の内部告発の為の証拠収集は探偵に


日本の企業不正

内部告発という形は、企業統治の面からみると、従来は異例な手段と見られていました。 しかしこの方法で問題が提起され、これを契機に精密な再検査が公的機関などを交え、行われるようになったことは、一つの時代を象徴しているのではないでしょうか。 そしてその結果、不正の事実が確認されたのです。

ただ、せっかく内部告発をしても、告発した相手先の対応が積極的でなかったり(例えば、問題になったミートホープ)、勇気を持って告発した者が不当に扱われる場合も少なくありません。

「内部告発」を確実に行うためには

企業の不祥事が最近よくマスコミ等で話題となっています。 自動車メーカーや、食品メーカー、ガス器具メーカー、家電メーカーなどなど。
このような不祥事の発覚は、内部からの告発によるものもあります。 しかし、まだまだ身内の不祥事は隠し通そうという風潮が残っています。内部告発
また、内部告発をすることによって、告発した本人探しが始まり、結局は正義感を持って内部告発をしたものが解雇されてしまうようなケースもあります。 昨今は、通報を理由とした解雇を無効とした判例も徐々に増えています。 しかし、公益のために労働者が通報を行った場合に、具体的には「どのような内容」の通報を「どこへ」行えば解雇等の不利益取扱いから保護されるのか?が不明確でした。

このようななか、「公益通報者保護法」が制定されました。ただ、この法律もまだまだ不十分だという声もあります。 内部告発者を保護する為の要件が厳しく、保護の範囲が狭いといった問題点があります。 よって、もし内部告発等を行おうとする場合には、きちんと保護を受けられるかたちでの内部告発等を行う必要があります。 そして、内部告発を実際に行うためには、それ相応の準備が必要です。
例えば、 とある正義感に燃えた方が、弁護士さんと相談して、この内部告発は公益の為であるし、要件を満たすから保護されるんだ、と思い告発の為の資料を社内で集めていたとします。
この証拠収集も慎重にしないと告発すらできず、逆に社内の資料を何に使うのだと問われ、横領や背任の容疑をかけられることにもなりかねません。「内部告発」を成功させるためにも、
証拠収集のプロである私たちにお任せください。 きっとあなたの想いを実現させる力になれることでしょう。

誰にも相談できない悩みをお持ちのあなたへ

相談しようか悩んでいる皆様へ

あいうち調査事務所は、24時間の電話対応で、少しでも皆様の悩みが解決できるようスタッフ一同万全な体制でお電話をお待ちしております。 事件調査・事故調査・素行調査・行方調査・結婚調査・信用調査などあらゆる調査を安心して任せていただけるよう、当事務所も日々努力いたしております。

また裁判中の証拠資料やこれから裁判をお考えの方などのご相談にも応じております。 そして、女性・男性を問わず、事務所に来ることに抵抗がありましたら、ご指定の場所にお伺いする事も可能です。 私たちと出会う初めの一歩がとても重要です。そして探偵社を選ぶのはご依頼者様自身です。悩むより、まずはお電話ください。

お問い合わせはコチラ

あいうち調査事務所のtopページへ


Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL

-->