裁判・調停・和解・示談の為の証拠収集は岡山/倉敷の探偵へ


不貞行為とは?

この「不貞な行為」の意味については、・姦通(性交関係)に限る、と解する説と、・姦通に限らず、 一夫一婦制の貞操義務(法律に明文の規定はありませんが、夫婦は、当然に、互いに貞操義務を負う、と解されています。)に忠実でない一切の行為を含む、と解されています。
判例は、「「配偶者に不貞の行為があったとき」とは、配偶者のある者が、配偶者以外のものと性的関係を結ぶことをいう」、としています。(ここでいう「性的関係」は、性交を意味すると、とらえられています。)
したがって、配偶者以外の異性と、いっしょに食事をしたりお酒を飲んだり映画を見たりし、或いは接吻をしたりすることは、 いずれも、「不貞な行為」には当たらないわけですが、しかし、それらの行為も程度によっては、第770条第1項第5号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」にあたるものとして、裁判離婚が認められることは、ありうることです。

証拠とは?

不貞行為の証拠、浮気の証拠、不倫の証拠を立証するには、配偶者やパートナーが浮気相手とホテルに出入りしている写真やビデオなどの確かな証拠が必要です。証拠とは?その証拠の取り方も、相手に言い訳されてしまうようではいけません
一般にメールやクレジットカードの明細、携帯メールなどは浮気発覚の原因とはなりますが、証拠としては価値が低く、内容的にも浮気(不貞)の証拠としては通用しないのが殆どで、 写真やビデオなどの確かな証拠を補完する意味での状況証拠程度の価値しかありません。

解決へ向けて

まず事実を知ることが解決の第一歩と為ります。その事実をふまえたうえでこれからどうすればいいのかが、見えてくるのではないでしょうか。

ご相談の際には、調査経験豊富な調査員を同席し、筋道をたてた見積を行い、専門的な知識を持ったアドバイザーが、 そのご依頼にそったアドバイス(例えば夫婦の事、将来の事、子供の事、養育費の事など)を行っておりますので最後まで安心してお任せいただけます。

誰にも相談できない悩みをお持ちのあなたへ

相談しようか悩んでいる皆様へ

あいうち調査事務所は、24時間の電話対応で、少しでも皆様の悩みが解決できるようスタッフ一同万全な体制でお電話をお待ちしております。 事件調査・事故調査・素行調査・行方調査・結婚調査・信用調査などあらゆる調査を安心して任せていただけるよう、当事務所も日々努力いたしております。

また裁判中の証拠資料やこれから裁判をお考えの方などのご相談にも応じております。 そして、女性・男性を問わず、事務所に来ることに抵抗がありましたら、ご指定の場所にお伺いする事も可能です。 私たちと出会う初めの一歩がとても重要です。そして探偵社を選ぶのはご依頼者様自身です。悩むより、まずはお電話ください。

お問い合わせはコチラ

あいうち調査事務所のtopページへ


Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL

-->